DIMENSION NOTE スタートアップ/ベンチャー経営のための
ヒントやナレッジを発信

起業した後も毎日幸せに生きるための秘訣とは div 真子就有社長(第5話)

卒業生9000人超、満足度98%を誇り、プログラミング教育の市場を牽引するテクノロジースクール「TECH::CAMP」。同サービスを提供する株式会社divの代表取締役・真子就有氏は、成長ベンチャー・じげん社の内定者アルバイト時代に起業を決意。その後、世に出したサービスの2度にわたる事業撤退を乗り越え、今のサービスにたどり着いた波瀾万丈な経歴の持ち主。今回は真子氏に、起業家として重要な素養や、テクノロジースクールの未来などを聞いた。(全5回)

プログラミングは国語や算数と同じ、「教養」のひとつ

——日本のプログラミング教育に対する危機感はお持ちでしょうか?

正直、世界に比べてとても遅れていると思います。日本の方は、プログラミングを学ぶことに「短期的な利益」があるかどうかを聞いてくることが多いんですが、プログラミングというのはもはや教養で、すべての物事の考え方のベースになるものであり、母語を学ぶのと一緒だと考えています。

テクノロジーがどのように動いているのか、世の中のアプリやサービスがどのように作られているのかは教養として学ぶべきであり、体験すべきだと思います。アメリカだと「教養としてのプログラミング」が当たり前のように根付いていますが、日本ではまだ「やるべきかどうか」の論調が強い状況です。国語や算数と同じく、教養としてプログラミングが学ばれる世の中が早くくることを願っています。

結果と人の心はコントロールできると思わない方が良い

——在学中起業されている真子さんならではの「学生が起業する時に気をつけるべきポイント」をお教えください

学生起業家が気をつけるべきポイントは「結果が出るビジネスをやる」ということかと思います。

私は先ほどもお話しした通り(第2話リンク)、ビジョンありきで事業を考えてしまい、ターゲットは誰なのか、解決すべき問題は何かということを曖昧に考えてしまっておりました。そういう発想は知識量と経験が足りない若手起業家にありがちです。「これならお金を払っていただけるお客さんがいる」と明確にイメージできる事業をやることが重要だと思います。

 

——ありがとうございます。最後に、本メディアの読者に対してメッセージをお願いいたします。

私はビジネス的な成功にはあまり興味がなくて、関心があるのは「その人が本当に心から毎日楽しい、幸せだと思って生きているか」です。

正直、起業は「幸せに生きる」という観点でいくとすべての人にはおすすめしません。なぜならば、生きる上で気にすることが増えると執着が増えるからです。それでもなお起業する、というのであれば、「結果と人の心はコントロールできると思わない方が良い」というメッセージを贈りたいです。

いくら頑張ったとしても業績や仲間、お客様は完全にはコントロールできません。そういうコントロールできないことではなく、自分のやりたいことをやりきること、人に尽くすことで自分が喜びを感じることに集中してほしいです。そのような考えでいれば、毎日幸せに仕事ができるなと思います。

 

——「経済的に成功したい」「みんなによく見られたい」という動機で起業したら幸せになりにくいということでしょうか?

そうですね。「孫正義さんのように、成功したい」といったような他者との比較で自分の幸せを考えると、いつまでたっても自己肯定が出来ないまま人生が終わってしまうと思います。

一方で、執着を捨て、自分のやりたいことに集中できる人には、起業は本当に幸せになれる可能性のある選択肢だとも思います。他者や結果といった不確定因子ではなくて、全部100%自分の責任だと思える立場、そういったマインドでいられるならば、毎日幸せに過ごせるのではないでしょうか。

 

 

>div公式HPはこちら

>>ベンチャーナビのLINETwitter 始めました。定期購読されたい方はぜひご登録ください。

著者 下平 将人

著者 下平 将人

弁護士として一般民事や企業法務を経験したのち、LINE株式会社の社内弁護士やチャットボット領域の新規事業開発担当を経て、DI、DIMENSIONに参画。人材紹介サービス「CAREEPOOL」のPM。投資先複数社の社外取締役。日本組織内弁護士協会理事。一橋大学法学部、慶応義塾大学法科大学院卒業、グロービス経営大学院卒業。 クリエーターをサポートするArts&Lawに所属しクリエーター向けに無料法律相談を実施。 アニメ業界のペインについて業界を横断して考える「Animation&law」を主催。

Series この経営者の他の記事

Others 関連記事

DIMENSION NOTEについてのご意見・ご感想や
資金調達等のご相談がありましたらこちらからご連絡ください

Cxo Story CxOのインタビューはこちらでお読みいただけます