「クリエイティブで世界を豊かに。」リチカ松尾幸治Co-CEOが語る今後の展望(第4話)

「Switch to The RICH. クリエイティブで、世界を豊かに。」をミッションに掲げ、動画マーケティングをサポートする『リチカ クラウドスタジオ』を提供する株式会社リチカ。2021年にはDIMENSIONを含め約8億円の資金調達も実施し、躍進を続けている。同社代表取締役社長 兼 Co-CEO松尾幸治氏に起業家の素養、組織づくりなどについて聞いた。(全4話)

クリエイティブで世界を豊かに。

ーー起業家から事業家、上場社長へと成長されていく中で、ご自身の学ぶ習慣、個人としての進化についてお伺いしたいです。

改めて今意識しているのは「コンフォートゾーンから離れる」こと。嫌なことや耳が痛いことを浴び続けるような場所に好んで行き続けることです。

ここ1年間ぐらい、コロナのせいもあってそれが足踏みしてしまったのですが、そうすると自分の成長もわかりやすく伸びなくなってしまったなと感じています。

思い切って飛び込んで、会ってみて、そこから繋がっていく。

起業家として、見知らぬ世界への好奇心は持ち続けたいと思います。

 

ーー貴社の今後の展望をお聞かせください。

会社のミッションとして「Switch to The RICH. クリエイティブで、世界を豊かに。」を掲げています。

元々リチカという社名にある通り、私たちは自分たちのことを何かの変換器・リッチ化する装置のようなものだと捉えていて、今だと「テキスト情報を動画にリッチ化する」とか、「コミュニケーションをワクワクする形にリッチ化する」といったように、世の中をリッチ化して今より少し面白くして行く存在であり続けたいと思っています。

これからはクリエイターやクリエイティブの価値が上がっていくと思っています。情緒的な価値やブランドの価値が上がって来ており「理由がはっきりあるわけでも無いけれど、何だか良さそうだから買う」というような時代になってきているからです。

その一方で、情緒的なクリエイティブが求められることで企業側の情報発信コストは高くなっていきます。ここをテクノロジーを活用して、標準化・システム化する事が求められるでしょう。

私たちはテクノロジーの力でより多くの人たちに、安価に、よいクリエイティブを提供していくことを、クリエイティブとテクノロジーで両軸をやれる唯一の会社になりたいなという風に思っています。

 

 

遊び心を忘れず、業界を変えていく

ーー単なる効率化ではない、クリエイティブとの両立が肝となるわけですね。

そうですね。例えば私たちはよく「SaaSの会社ですか?」と聞かれるのですが、SaaSという言葉だけだと私たちを表すにちょっと淡白だと思っているんです。

むしろ色んなクリエイターが私たちの会社、社内外にいて、遊びながらいろんな面白いものを作っている。そして人がわざわざやらないでいいところはSaaSとしてオペレーションに落とし込んで効率化する。

この2軸をどちらも最大化していく会社になりたいと思っています。

 

ーー広告制作業界に新しい常識をつくる、そんな存在となりそうです。

広告制作市場って多重下請け構造で、職人産業・労働集約型なんです。そして、意外と巨人がいない。

広告代理店だと電通さん博報堂さん、サイバーエージェントさんがいますが、広告制作やクリエイティブ産業ってテレビ制作局以降、進化が止まってしまっているんです。デジタルで圧倒的に勝っているプレイヤーが実はいない。

デジタル広告制作市場は規模でいうと3,800億円くらいあって、インターネット広告市場とともに伸びています。このクリエイティブ産業に対して、テクノロジーを駆使して効率化しながら、ただ一方で遊び心も忘れずにどんどんクリエイターと面白いことを仕掛けて行く。

そういう集団であり続けることが、リチカが目指しているところです。

 

 

>リチカの採用情報はこちら

>リチカの公式HPはこちら

>>DIMENSION NOTEのLINETwitter  始めました。定期購読されたい方はぜひご登録ください。

DIMENSION 編集長

DIMENSION 編集長

「人・事業・組織に向き合い、まっすぐな志が報われる社会を創る」をミッションに、真摯に経営に向き合う起業家に創業期から出資し、事業拡大・上場を支援する国内ベンチャーキャピタル。

Others 関連記事

DIMENSION NOTEについてのご意見・ご感想や
資金調達等のご相談がありましたらこちらからご連絡ください

E-MAIL MAGAZINE 起業家の皆様のお役に立つ情報を定期配信中、ぜひご登録ください!*は必須項目です。

This site is protected by reCAPTCHA
and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.